イワ建開発
お問い合わせはお気軽に募集情報
HOME >> マグ造形材
マグ造形材
イワ建開発が提案する塗壁



マ造形材は、マグエンと独自に開発した各種の自然素材とがコラボした粉体です

[マグ造形材とマグ造形体について ]

弊社では、マグエンと、これと自然材料などとコラボしたマグ造形材を提供します。

マグ造形材は、マグエン自体の水硬体が白色で、高強度で、付着・接着特性が優れているマグエン自体の特長と、この特長によってコラボする材料の色合いや物理的特徴をそのまま引出した粉状材です。

マグ造形材を水に加えてスラリー化して水硬化させることによって、和の四季を彩る色の美でマグ造形体(塗壁やパネル、うつわ、装飾品など)をつくることができますまた、マグ造形材は壁画・絵画の絵具にもなります。特に、マグ造形材は日本画で使われる岩絵具と同じように扱うことができます。 マグ造形材は弊社の特許による商品です。同じようなあるいは類似の商品は、国内外ともに今のところないようです。また厚さ5mm以上の水硬体(マグパネルやマグ塗壁等)は不燃材料の認定評価(認定番号NM-4566、日本建材試験センター、材料自体の不燃なので、部位や場所に関係なく適用可)を得ています。

 マグ造形材は、マグエンとこれを構成する素材の物理的特性(圧縮強度、曲げ強度および接着強度が大きいことなど)から、下記のようなマグ造形体を形成します。

ⅰ スラリーを型枠に流し込むと、パネルやブリックなど

ⅱ スラリーを壁や天井等に塗ると、塗壁や塗天井など

ⅲ スラリーを美術・工芸の絵具にすると壁画や絵画など

即ち、マグ造形材は、一材料で三役を演じます。このように、非常に幅広い対象に適用できる材料は今まで多分なかったと思います。マグ造形材はこれを実現しました。

マグ造形材を構成する材料は主として九州阿蘇天草地域とその周辺で採取された自然材料(石粉、木質チップス)に特化しています。その他に、彩りを豊かにするために、最高級品質の竹炭、スペイン産のウルトラマリンブルーおよびグリーンの無機顔料を合わせて用いています。

[シェルマグ造形材について ]

前出、用語の説明「①マグエン」や「③主なシェルマグ造形材」で述べましたが、マグエンは、これ自体でカビなどの菌の増殖を抑える、あるいは発生させない機能をもっています。また、吸水性に大変優れています(室内の湿り気を低減する)。このことによって、マグ造形体でつつまれた建築空間は自然な雰囲気を醸し出すだけでなく、やすらぎ・快適も感じさせます。

このマグエンに小破片状にしたかきがらを混合したものがシェルマグです。シェルマグは、これ自身で、臭いなどを吸着する効果が大きいですが、木質チップスあるいはコーヒーカスなど材料を更に加えると、シェルマグの健康を保全する機能がより一層増大します。

本パンフレットでは、マグ造形材を用いて作ることができる各種の造形体(マグパネル・マグ塗壁・そしてマグアート)について紹介します。

 シェルマグ造形材については、別のパンフレットで紹介します。

 

[ キャッチフレーズ ]

マグ造形材は ひとと建築空間を結び付け、また ひとを工芸に(いざな)います 

 

マグ造形材によるパネル壁や塗壁等はひとと建築空間を結び付ける

○琴線をかなでるあるいはしっとりとした建築空間を創出建築空間を和の四季を彩る色の美で飾り、そしてやすらぎを覚える

〇健康を感じる

マグ造形体の力学的・施工的特長

○高硬化-傷がつき難い、擦れ落ちにくい

〇卓越した付着(結合)―スラリー状態で様々な石粉、木質チップやかきがらなどと強固に付着

○卓越した界面の接着力―スラリー状態で木板やアルミ板等に強固に接着、また表面に色々な装飾品を接着あるいは貼付け

〇容易なパネル・ブリックの即脱型-材齢1~3日程度で脱型、養生7日成形が可能

〇塗り材として使用するときは厚塗りも重塗りもできる

〇刷毛塗りもできる

工芸にいます

日本画用、あるいは版画用などの絵具として―造形材の構成素材の多くは自然素材の岩絵具でもあります。そして、粘りがあるので版画用絵具にもなります。

↑PAGE TOPへ

DIY塗壁お客様へ | お問合せ | 関連先リンク
合同会社イワ建開発 Iwaken Kaihatsu,LLC.
【本社】〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎5-35-4
【研究試験室】〒861-3107 熊本県上益城郡嘉島町大字上仲間394-7
TEL 096-288-7421
FAX 096-288-7423
E-mail : iwaken@ray.ocn.ne.jp
会社概要   サイトマップ   プライバシーポリシー
Copyright© 2015 Iwaken Kaihatsu, LLC. All rights reserved.